トップメッセージ


代表取締役/薄井 宗明

株主、投資家の皆様へ

おかげ様で香陵住販株式会社は、2018年9月13日に東京証券取引所JASDAQ市場へ上場して、満2年になります。上場後も順調に計画を達成し、安定した業績を重ねて参りました。これもひとえに皆様方の温かいご支援の賜物と心より御礼申し上げます。

今年は本来であれば、東京オリンピック・パラリンピックが開催され多くの海外からのお客様が日本国民と共に選手の活躍に感動し、日々熱狂していたと思います。ところが、新型コロナウイルスの世界的感染拡大によって開催が1年延期となりました。昨年までは海外からのお客様も3,000万人を超えてインバウンド効果により多くの業界が成長できました。私たちの業界でもホテル建設の為に多くのホテル用地が売買されホテル立地の地価が上昇しました。しかし現在、新型コロナウイルスの影響により地価の上昇に変調を来しています。都市部を中心に店舗やホテルの売り上げが落ち込み、賃料引き下げや出店見直しの動きがでています。また、テレワークの導入によりオフィスの賃貸解約や縮小の動きもあり、地価の下押し圧力になりそうです。こうした環境の中、私たちの地盤である茨城県は東京都に週1~2回通勤するのには最高のポジションです。茨城県は東京都に近く地価が安いのが最大の魅力です。

今時代が変わろうとしています。新しい時代に今までの固定概念を捨てて新しい発想に基づいた行動が重要と考えております。香陵住販株式会社は、お客様・スタッフの安全・安心を第一に考え、オンライン内見・IT重説、テレワーク等の推進に積極的に取り組んでおります。今後も時代の変化に柔軟に対応できる体制を整え、安定収益であります管理の充実を図り、地味ではありますがコツコツと前進して参ります。

新しい時代に香陵住販株式会社は、上場会社として更に社会的責任を重く受け止めて、「お客様の満足」、「スタッフの幸福」、「地域や関連する人々からの信頼」を理念として、継続成長させ社会の公器としての使命を果たして参りたいと思っております。多くの方々から更に応援され、香陵ファンになっていただき、世の中に「香陵住販があって良かった」と思われるような存在になりたいと思っております。これからも、役員・スタッフ一同、日々精進し「良心」を高めて参りますので、より一層のご指導と応援をよろしくお願いいたします。

感謝

香陵住販株式会社
代表取締役
薄井 宗明